• 歴史が大好きなテキトー薬剤師・・・

 

 今回は上杉家の下で大身を果たした須田満親についてです。 


須田満親と言われても戦国通の方や、信長の野望というゲームをしている方でなければ聞いた事すらないと思います。


私自身も信長の野望で初めて知りました。


須田満親は信濃北部の国人であったため、真田昌幸や武田信玄とも非常に関わりの深い武将です。


今回は信濃北部において活躍した須田満親についてみていきましょう。       



ちなみに、上図はマニアックな武将で信長の野望をプレイしてみた動画です。

歴史が好きすぎるので作っちゃいました!!

よろしければ見てください~

武田信玄の信濃侵攻・・・

 

 須田満親は1526年、信濃国高井郡にある大岩城の城主須田満国の子として生を受けます。


須田氏は室町時代から戦国時代にかけて、須田満国・その子の満親と須田信頼・その子の信正の系統に二分され、対立関係にあったと言われています。


須田満国は大岩郷を、須田信頼は須田郷という領地をそれぞれ支配したと考えられています。




1540年代、信濃国は北信濃を支配する村上義清、信濃守護の小笠原長時、諏訪を支配する諏訪頼重など様々な武将が割拠している状態でした。


しかし1541年、甲斐の武田家の家督を継いだ武田信玄は信濃に目を向け始めます。


武田信玄は信濃の城を次々に落としていき、破竹の勢いで勢力を拡大していったのです。


1542年、諏訪家の諏訪頼重は自害し、1552年には小笠原長時は逃亡しています。


武田信玄の信濃における敵は村上義清のみとなっていました。


小笠原長時が逃亡する前の1551年、堅城と言われていた砥石城は真田幸隆の調略によって武田方に寝返ります。


この時、砥石城に入城していた須田信頼が武田方に寝返る事で、スムーズに城の明け渡しが行われたと言われています。


須田信頼と対立関係にある須田満親は、武田方には寝返らず村上氏に付き従う道を選びます。


しかし1553年、村上義清も武田信玄の猛攻の前に越後に逃走してしまいます。


須田満親も程なくして越後の上杉謙信を頼り、上杉家の家臣となったのです。     

上杉家の重役として大出世!!

 

 その後、須田満親は武田家に奪われた大岩郷奪還のため、上杉謙信に加担します。


1561年の川中島の戦いにも須田満親は参戦しています。


その後、須田満親は一向宗と親しくしていたという経緯から、一向宗とのパイプ役を任されていたようです。



1581年、上杉謙信のの側近の1人であった河田長親も亡くなってしまいます。


越中方面の総指揮官だった河田長親の死は上杉家にとって非常に痛手でした。


越中では加賀の一向宗徒による影響を受け、一向宗が未だに力を持っていました。


そこで、一向宗に理解のある須田満親が新たな総指揮官に任命されたのです。


総指揮官に付いた須田満親は、織田信長の攻撃に耐え、信長の死後秀吉との交渉を行います。


その後、須田満親は松倉城の撤退戦を指揮するなど、上杉家の命運を握っていた人物である事は間違いないと思われます。




1583年、須田満親は越中の魚津城を退去し、今度は北信濃の海津城の城代に任命されます。


この海津城のある北信濃は須田満親にとって故郷であり、非常に重要な拠点の一つでした。


須田満親の海津城に対する思いは並ではなかったはずです。


更に1585年6月には北信濃の地域である4郡(高井・水内・更級・埴科)を任されます。


この時、知行としては12000石余りを任されたと言われています。


これは直江兼続に次ぐ大出世だったと言われています。




同年の1585年、真田昌幸が徳川家康と対立し上杉方に転じた際には、昌幸と交渉を進め、後の真田幸村を人質として預かっています。


そして、徳川家康が真田昌幸を攻めた第一次上田合戦では、上杉景勝に強く救援を求め、上杉方の援軍を指揮したと言われています。


また、1588年には老体の身でありながら上杉景勝と共に上洛を果たしています。




1598年正月、上杉景勝は秀吉の命令により会津転封を命じられます。


これは豊臣秀吉が徳川家康、伊達政宗に対抗するために、上杉景勝を必要としていたためだと言われています。


しかし、この転封に対して須田満親は反対します。


故郷である北信濃の地をもう離れたくはなかったのでしょう。


1598年2月、須田満親は海津城で切腹しその人生を終えました。


享年73。

まとめ

 

 いかがでしたか


須田満親は武田信玄により故郷を追われますが、後に復帰して大身を果たしています。


個人的には同族の須田信頼と和解し、武田家の下で働いて欲しかったです。


そうすれば、壮年期において信濃の地を追われることは無かったかなと・・・


しかし、それ以上に思うところがあったのかもしれません。




今回は上杉家で大身を果たした須田満親についてお話させていただきました。


ではまた他の記事でお会いしましょう。


ではでは~


コメント一覧

返信2020年1月5日 12:16 AM

河田長親 謙信に認められた男 上杉謙信の上洛で召し抱えられた才能あふれる忠義者・河田長親とは・・・ – うたみのブログ24/

[…]   1576年、織田信長は急速に勢力を拡大し、北陸方面に進出してきます。そこで、謙信はこれまで敵対してきた一向一揆と和睦をして対抗しました。翌1577年、信長と完全に敵対関係になった謙信は、能登にある堅城として有名な七尾城を落とすことに成功します。ちなみに、この七尾城は謙信の包囲に1年以上も持ちこたえた最高クラスの堅城です。七尾城を落とした上杉勢は、織田家との国境沿いである手取川まで進軍します。この戦いが後に有名な手取川の戦いになります。手取川の戦いでは謙信が信長に圧勝し、信長の戦意を挫くことなったのです。この時、河田長親は進撃する謙信とは別行動をし、手取川の戦い前後で七尾城を受け渡されています。ところが、翌1578年の3月に謙信が急死してしまいます。この謙信の死によって上杉家中は分断され、御館の乱と呼ばれる内乱に発展してしまうのです。この時、河田長親は越中で織田勢と対峙していました。謙信の死を知った織田信長は、河田長親に調略を仕掛けて上杉家を背くように誘ったと言われています。しかし、河田長親はその申し出を断り、上杉家への忠誠を示したのです。河田長親は上杉家の家督争いにおいて、最初は中立を保つ姿勢を見せました。河田長親本人は、最初から謙信と血縁関係にある上杉景勝に付きたかったのかもしれません。ところが、先代の古志長尾家当主の上杉景信や、妻の父親である北条高広が上杉景虎側についたことで様子を見らざるを得なかったのだと思われます。ちなみにこの家督争いでは上杉景勝側が勝ち、上杉景信は敗死しています。一方越中では織田家の攻撃が加速していました。謙信の死後、河田長親は織田家との戦に追われていて、飛騨から攻め寄せる織田軍に手を焼いていました。飛騨から越中に侵攻する織田軍の斎藤利治(斎藤道三の末子)は、河田長親を月岡野という地名まで引き付けて壊滅寸前まで打ち破ります(月岡野の戦い)。この戦いは上杉軍に対して、織田軍の優勢を決定づけてしまった戦いとも言われています。そして1581年、河田長親は越中松倉城で病死してしまいます。織田家の柴田勝家、佐々成政らと戦っている最中の出来事でした。享年39。ちなみに、この後越中国を任されたのが上杉家で大身を果たした須田満親でした。須田満親も非常に優秀な武将でしたが、厳しい戦いに巻き込まれることとなるのです。 […]

返信2020年1月7日 12:09 AM

水原親憲 2代将軍・徳川秀忠からの感状を笑い飛ばした男 上杉景勝の下で家中一の猛将と言われた水原親憲とは・・・ – うたみのブログ24/

[…]  その後1583年2月、帰国した水原親憲は河田長親亡き後の越中国において、須田満親と共に防備にあたっています。水原親憲はこの時の功により更に知行を与えられたと言われています。そして話は少し前後しますが、1581年6月に新発田重家の乱が勃発します。この乱は上杉家最大の危機とも言われ、上杉景勝に死を覚悟させたと言われています。ここで少し水原親憲が継ぐ水原家の居城水原城についてお話させていただきます。この城は新発田重家の乱において双方が奪い合うほどの要衝としての重要性を持っていました。1583年8月、上杉景勝は新発田重家の居城である新発田城を攻めましたが、攻め落とせないと見るや9月25日に撤退を始めます。しかし、退却軍が放生橋という場所に差し掛かった頃に豪雨となり、上杉景勝軍は沼田と濁流の中で立ち往生となってしまいました。この期をチャンスと見た新発田重家は、新発田城を出て追撃します(放生橋の合戦)。上杉軍は進退の自由を奪われたため、安田家当主安田能元は生涯残る重傷を負い、殿軍の水原城主の水原満家が討ち死にするなど大混乱に陥ってしまったのです。この戦いで、上杉景勝は優秀な家臣を多数失い、水原城は新発田方の手に渡ったのです。1584年8月18日、放生橋の合戦で水原城主水原満家が戦死したため、水原城奪取のため上杉景勝は約8000の手勢で攻撃します。上杉勢は新発田重家率いる本隊を水原城下に引き付けて戦い、その間に迂回して八幡砦を奪取することに成功します。八幡砦を取られた新発田方は、水原城が孤立してしまうとこの城を放棄して退却を開始します(八幡表の戦い)。ところが、上杉勢の直江兼続の陣が新発田重家の攻勢を受けて大損害を蒙っていたためにそれ以上進軍が出来ず、水原城もほどなくして新発田方の手に戻ってしまったのです。1585年6月、上杉景勝は再び水原城を攻めましたが城将の剣持市兵衛、梅津宗三らが抵抗して容易には落ちませんでした。そこで、上杉景勝は梅津宗三の身内の梅津伝兵衛に接触して内通を誘い、調略によってようやく水原城を落とすことに成功したのです。少し長くなりましたが、これが新発田重家の乱における水原城の攻防戦です。そして1586年、水原親憲は上杉景勝の命によって水原満家の後を継ぎ、水原城主となったのです。ここでも、上杉景勝が水原親憲にどれだけ信を置いていたかわかると思います。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村